マンション

ベッド下の掃除

大掃除といえば年末が定番ですが、我が家では5月後半から6月にかけて、家の大掃除をします。

北海道住まいなので、冬は寒くて掃除に不向きですが、
でもこの時期は気候も良く、梅雨もないので、家をきれいにするにはもってこいなのです。
カーテンの洗濯や窓そうじ、床のワックスがけ、クロゼットの掃除など、
毎日毎日、家のどこかしらをキレイにすべく、頑張っています。

今日は、ベッド下の掃除をしました。
我が家のベッドは、マット下部分に脚がありません。
側板で閉じられた構造になっており、開口部がなく、
外側から掃除機やフロアモップを入れて掃除することができないのです。
重たいマットレスをどかして、床板をはずし、ようやく掃除できるというシロモノ。
お恥ずかしいですが、お掃除するのは年に数回です。

ベッドの側板と床面のわずかなすきまからでも、ほこりというのは入り込み、たまっていきます。
今回も、床板をどけたら、「ひぇーっ!」というくらいほこりがたまっていました。
ああ、脚ありタイプのベッドにすべきだったなぁ…と、お掃除のたびに思います。

まずはすぐに掃除機をかけ、ほこりをとりのぞきます。
そして床面をよくしぼった雑巾で水ぶきし、乾くまで風を通します。
乾燥させたら、ベッドを元通りにして、終了。

ほこりの温床になったままでは、健康にも良くないですし、
風水でも「寝床は開運の元」だそうですから、きれいにしなくちゃいけないですね。

RECENT INFORMATION

TOP